債務整理ガイド

ストーカー,嫌がらせ,対策,調査



暴力をふるうストーカー対策方法

実際に被害者がストーカーから暴力を受けることは少ないと思います。
しかし、暴力を受けないとは限りません。
もし暴力を受けたなら、すぐ医者へ行き診断書をもらってきましょう。
そして、その診断書を警察に届けた方がいいです。

また、ストーカーの身元が分かっているのであれば、傷害罪で訴えることも可能です。
警察へ届けるメリットは、ストーカー行為がエスカレートした場合、予め警察に届出を出していれば迅速に対処してもらえるからです。

しかし暴力を受けることが少ないとは言っても、暴力を振るうストーカーがどのような人なのかは分かりません。

ストーキング行為にあったら、護身に十分注意をしておきましょう。





脅迫をしてくるストーカーの対策方法

ストーキング行為の最初から脅迫をしてくる人は、あまりいないと思います。
脅迫というのは、ストーキング行為がエスカレートし、被害者に自分の意思を伝えたい、言うことを聞いてもらいたいなどの欲求が出てきたときに、脅迫という行動に移るのです。

脅迫行為は【電話】【メール】【手紙】などが多いです。

脅迫行為が継続的に続いていくと、精神的に追い詰められていきます。
知らない人からの脅迫だとなおさら不安は募ると思います。

脅迫は犯罪です。
脅迫がエスカレートする前に、警察に相談しにいきましょう。

アヴァンスレディース

Homeへ戻るページのトップへ戻る