債務整理ガイド

ストーカー,嫌がらせ,対策,調査



インターネット上で行われるストーカーに対する対策方法を紹介します。
しかし、ネット上のストーカーの対策というのは、とても困難だと思います。

ネットストーカーの犯罪行為は、mixiなどのSNSコミュニティサイトや掲示板またはチャットなどを中心に行われています。
ネットストーカーの被害者は個人情報を盗まれたり、行動の監視、誹謗中傷などの被害を被っています。

また、メールを使ったネットストーカーも定番です。
迷惑メールや、脅迫メールなどの被害者が多い状態が続いています。

ネットストーキングの被害に遭っている、又は被害に遭わないための対策を知っておきたいという方はご参照下さい。
以下に対策方法を記します。
  ↓   ↓   ↓   ↓
悪口や写真などの画像が公開されたら、自分で削除する前に証拠を残しておきましょう。

自分で解決をしないで、信頼できる知人や上司、教師、親戚などに相談をしましょう。

チャット上で、ストーカーらしき人が入っているのが分かったら管理者に連絡をしてIPアドレスなどを開示してもらいましょう。

メールを送ってきたら、削除する前にデータの保存、またはプリントアウトして保管しておきましょう。

一番の対策方法は自分自身がネットをしないという事かもしれません。

自分自身のブログや掲示板などを持っている場合は、セキュリティソフトを強いものに変えるなどセキュリティをしっかりしましょう。

相手のプロバイダーが分かるならそのプロバイダーに相談してみましょう。

万が一、個人情報が公開されていたら削除要求を出しておきましょう。

アヴァンスレディース

Homeへ戻るページのトップへ戻る