債務整理ガイド

ストーカー,嫌がらせ,対策,調査



緊急に対策が必要な場合

ストーカー行為により重大な被害を受けた


1. 専門家に相談。
2. 告訴状を作成し提出します。
3. 捜査のうえ、ストーカー行為があれば逮捕されます。



犯人の氏名や住所を知っている場合

1. 専門家に相談。
2. ストーカー行為を止めないと刑事告訴をするという内容証明を送ります。
3. ストーカー行為が続けば告訴状を作成し提出します。
4. 捜査のうえストーカー行為があれば逮捕されます。






慎重な対応が必要な場合

元夫や元恋人がストーカー犯の場合

1. 専門家に相談。
2. 第三者を交えての話し合いができれば話し合う。
その際に、ストーカー行為を今後行わない旨の誓約書を取る。
3. 話し合いに応じない場合は、ストーカー行為を止めないと刑事告訴をするという旨の内容証明を送ります。
4. 内容証明を送っても行為が続くようなら、警察に被害の事前提供を行います。
5. 警察に援助を申し出ます。
6. 証拠を収集する。
7. 行為を継続した場合は、警察に警告を要請する。
8. 警告に違反すれば禁止命令を出してもらう。
9. 禁止命令に違反すると逮捕されます。



まだ被害を受けていないが身の危険を感じる場合

1. 専門家に相談。
2. 警察に援助の申し出をしましょう。
3. ストーカー対策をする。
4. 被害がエスカレートすれば警察に警告の申し出を行います。
5. ストーカー行為が続けば警察に禁止命令を出してもらう。
6. 禁止命令に違反すればストーカー犯逮捕されます。



証拠をつかんでいる場合

1. 証拠が既にあり、刑事告訴も辞さない意思を示した内容証明を送ります。
2. 行為が止まない場合は警察に警告を要請します。
3. 警告に違反すれば、禁止命令を出してもらう。
4. 禁止命令に違反するとストーカー犯は逮捕されます。

アヴァンスレディース

Homeへ戻るページのトップへ戻る