債務整理ガイド

ストーカー,嫌がらせ,対策,調査



桶川ストーカー殺人事件(おけがわストーカーさつじんじけん)は1999年10月26日に埼玉県桶川市の東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎線桶川駅前で、女子大生(当時21歳)が元交際相手(当時27歳)とその兄が雇った男によって殺害された事件である。
被害者がこれらのグループから監視・中傷・脅迫・プライバシーの侵害等のストーカー行為を受けていたために、「ストーカー殺人事件」と呼ばれることが多い。
またこの事件がきっかけとなって、「ストーカー規制法」が制定された。


この事件は警察の怠慢な捜査も発覚した事件でもある。
被害者とその家族は、幾度となく、管轄の埼玉県警上尾警察署(以下上尾署)に相談し告訴状を提出していた。
しかし上尾署側は捜査をせずにこれを放置し、被害者の家族に告訴の取り下げを要求した。
この警察の不正は週刊誌フォーカスが明らかにした。
また、告訴状を改ざんしていたことは内部調査で明らかになった。
最後に埼玉県警が不正捜査を認めて謝罪することとなったが、遺族が埼玉県警を相手に国家賠償請求訴訟を起こすことになった。


改ざんに関わった署員は懲戒免職になり、のちに有罪判決を受けた。


栃木リンチ殺人事件、新潟少女監禁事件に続き、それまで希薄だった警察という権力に対する非難・バッシングが顕在化していくきっかけとなった事件である。
日本で初めて認知された複数犯による集団ストーカー事件でもある。

【Wikipedia 引用】

アヴァンスレディース

Homeへ戻るページのトップへ戻る